小児救急電話相談

更新日:2022年06月01日

急な発熱・頭をぶつけた・嘔吐、けいれんなど判断に困ったら!
休日・夜間の急な子どもの病気の時に小児科医、看護師が相談に乗ってくれます

小児救急電話相談とは

  • 小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、休日・夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けたほうがいいのかなど判断に迷った時に、小児科医師・看護師への電話による相談ができるものです。
  •  この事業は全国同一の短縮番号「# 8000」をプッシュすることにより、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けられます。

(注意)なお、緊急を要する場合は、速やかに救急車『119番』を呼びましょう。

小児救急でんわ相談「# 8000 」の使い方

以下に利用する順序を記載します。

1

泣いている赤ちゃんのイラスト

頭をぶつけた

熱が出て体中を冷やしている男の子のイラスト

急な発熱

赤ちゃんが震えているイラスト

嘔吐・けいれん など

2

泣いている赤ちゃんを抱っこして電話をかけている女性のイラスト

こどもがぐったりして少し熱があるんですが・・・

休日・夜間のこどもの急な病気に困ったら、#8000 をプッシュ

3

白衣を着た女性と男性のイラスト

そのくらいの症状なら、もうしばらく様子をみてください。

すぐ病院に行って、受診してください。

小児科医師・看護師による電話対応

問い合わせ先

プッシュ回線、携帯電話から #8000
ダイヤル回線、公衆電話、IP電話などすべての電話から 019-605-9000
実施時間帯 毎日: 19時から23時

この記事に関するお問い合わせ先

野田村役場 保健福祉課 保健班(保健センター)
〒028-8201
岩手県九戸郡野田村大字野田第17地割107番地
電話番号:0194-75-4321
ファックス:0194-78-3301
お問い合わせフォーム

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか