ホーム > 組織から探す > 税務課 > 税務班 > 税の申告受付相談

税の申告受付相談

申告受付相談のご案内


平成29年度の税の申告受付相談を行います。
申告には、事前に必要なものを確認のうえ、会場へお越しください。

【忘れずに申告しましょう!】
税の申告はとても大切です。
国民健康保険に加入している人は、申告をしなければ国民健康保険税の軽減対象とならない場合があります。
また、村税の証明を発行できないなど、様々な問題が起こることがあります。


1. 申告の期間と会場


期 間:平成29年2月6日(月曜日)から平成29年3月15日(水曜日)
場 所:各地区公民館 および 野田村役場2階 第1委員会室

【各会場での申告の日程表】

 月 日

時 間

対象地区 

会   場

2月6日(月曜日)

10時00分~11時30分

大  葛

大葛公民館

13時30分~15時00分

種  綿

種綿公民館

7日(火曜日)

10時00分~11時30分

日 形 井

日形井地区集落センター

13時30分~15時00分

間  明

間明公民館

9日(木曜日)

9時30分~11時30分

中  沢

中沢公民館

13時30分~15時00分

広  内

広内集落農事集会所

10日(金曜日)

9時30分~12時00分

上 明 内

上明内地区活性化センター

13日(月曜日)

9時30分~15時00分

下 明 内

下明内地区構造改善センター

14日(火曜日)

9時30分~15時00分

米  田

米田地区集落センター

16日(木曜日)

9時30分~15時00分

玉川、玉鉱

玉川地区活性化センター

17日(金曜日)

9時30分~11時30分

下 安 家

下安家地区コミュニティセンター

13時30分~15時00分

根井、和野平

根井地区構造改善センター

20日(月曜日)

9時30分~11時30分

港児童館

13時30分~15時00分

南  浜

南浜地区コミュニティセンター

21日(火曜日)

9時30分~15時00分

上・中・下新山

新山公民館

23日(木曜日)

9時30分~15時00分

上・下泉沢、沢山

泉沢公民館

24日(金曜日)

9時30分~15時00分

中  平

中平公民館

27日(月曜日)

9時30分~15時00分

新  町

新町地区コミュニティセンター

28日(火曜日)

9時00分~15時00分

門前小路、横町

役場2階 第1委員会室

3月2日(木曜日)

9時00分~15時00分

前田小路、本町・旭町

役場2階 第1委員会室

6日(月曜日)

9時00分~15時00分

北区・愛宕町

役場2階 第1委員会室

7日(火曜日)

9時00分~15時00分

上記日程で申告できなかった方

役場2階 第1委員会室

9日(木曜日)

※ 12日(日曜日)

13日(月曜日)

14日(火曜日)

15日(水曜日)

※土日は3月12日(日曜日)のみ申告を受け付けます。

◆久慈税務署で申告をする人へ
 久慈税務署では確定申告に向け、申告書作成会場を開設します。

 期 間:平成29年2月16日(木曜日)~3月15日(水曜日) ※土日祝日を除く
     午前9時~午後5時
 会 場:久慈税務署 1階会議室

【お問い合わせ】久慈税務署 TEL:0194-53-4161


2. 申告に必要なもの


(1)平成28年中の所得がわかる書類
 ・源泉徴収票(給与や公的年金)、または1年間の給与明細書などの原本
 ・収支内訳書
  (営業や農業、不動産などの所得がある場合。収入や経費、所得などがわかるもの)
(2)印鑑
  朱肉使用のものに限ります。(認印可、シャチハタ不可)
(3)預金通帳
  還付金の受け取りや振替に使用します。
  口座情報のメモでも構いません。(口座番号、金融機関、支店、預金種別、口座名義人)
(4)所得控除の内容を証明する書類
 ・控除内容の領収書や証明書
  (医療費、国民健康保険税、後期高齢者保険料、介護保険料、社会保険料、寄付金など)
 ・国民年金保険料、生命保険料、地震保険料の控除証明書
(5)マイナンバーカード
  または通知カードと本人確認書類(運転免許証など)の写し


3. 申告が必要な人・必要ない人


(1)申告が必要な人
平成29年1月1日現在野田村に住所があり、平成28年の所得が下表のいずれかに当てはまる人は、申告が必要です。

【表】

給与収入の
あった人
(パート収入
を含む)

・年末調整した給与以外の所得(営業等、農業、不動産、譲渡など)があった
・平成28年中に退職した、または年末調整をしていない
・2ヶ所以上から給与を支給されている

給与収入
がない人

・営業等、農業、不動産、公的年金以外の譲渡など所得があった
・所得が公的年金のみで、扶養や社会保険料などの控除を受けている
・所得が非課税収入(遺族年金、障がい年金、失業保険など)のみである
・村外に住んでいる人に扶養されている
・収入がなく、扶養されていない


(2)申告の必要がない人

次のいずれかに当てはまる人は、申告の必要はありません。
 ・確定申告書を税務署に提出した(eTaxによる電子申告を含む)
 ・収入が給与のみで、職場で年末調整を済ませている
 ・収入が年金のみで、受給額が一定額以下である

4. 繰越雑損失の申告をしましょう


災害等による雑損失控除を受けている人で、引ききれない損失がある場合は、翌年度へ繰越控除の適用を受けられる場合があります。
また、 災害等にかかる雑損控除の適用期間が所得税と異なるときは、村県民税の申告も必要です。
繰越雑損失について、詳しくは税務課までお問い合わせください。 

  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 税務課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2930

先頭へ戻る