ホーム > 組織から探す > 税務課 > 税務班 > 2019年度(平成31年度)国民健康保険税について

2019年度(平成31年度)国民健康保険税について

 2019 年度の国保税率に変更はありません。(詳細は、左上の関連ページ「国民健康保険税について」を参照してください。)
 年税額の決定及び納税通知書等の送付は、7月中旬を予定しています。
 適正な賦課徴収に努めますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

年金からの天引き(特別徴収)について

 4月の年金支給月から新たに年金天引きが開始される世帯主には、3月 27 日に通知予定です。

 また、年金天引き要件が不該当となり、4月から中止される世帯主についても、通知予定です。 ただし、 2019 年度に 75 歳到達の被保険者がいる場合には、4月からの年金天引きは中止されますが、個別に通知されません。

 継続して年金天引きされる世帯主については、通知されません。

 

  <年金天引きではなく、口座振替を希望する場合>

 ・社保と国保の異動が多い被保険者がいる。

 ・年金以外の所得変動により、年金天引きできない場合がある。

  これらに該当する世帯は、年金天引きと普通徴収(納付書や口座振替)を繰り返すこととなり、納付書での納税を見落とし、滞納となる場合があります。

   年金天引きの要件に該当すると、優先的に年金天引きによる納付となりますので、口座振替を希望する人は、申し出てください。 (詳細は、左上の関連ページ「国民健康保険税について」の「国保税の決定と納付について」を参照してください。)

  または、口座振替依頼の登録をしておくことで、普通徴収切替となった際に納付書による納め忘れを防ぐことが可能です。(詳細は、左上の関連ページ「村税の口座振替について」を参照してください。)

 

 ※参考

年金天引きされる要件(すべてを満たす世帯)

年金支給月の4月(仮徴収開始)か 10 月(本徴収開始)の約2か月前の状況により判断されます。それ以外の年金支給月から開始されることはありません。

  ・世帯主自身が国民健康保険の被保険者

  ・被保険者全員が 65 歳以上 75 歳未満

  ・年額 18 万円以上の年金を受給している

  ・国保税と介護保険料の年額の合計が、年金受給額の年額の2分の1を超えない


6月中旬までに確認していただきたいこと

  国保税について、誤った計算をしないために、以下のことについて確認をお願いします。

 ・社会保険被保険者証があるにもかかわらず、国保の被保険者証が届いている。

  →新しい保険証と印鑑を持って、国保資格の喪失届を提出してください。

 ・平成 30 年度( 29 年分)の所得について未申告の被保険者がいる。(注)

  →申告がなければ所得割の計算ができません。申告してください。

 

 (注)未申告の被保険者がいる場合、所得を0円として計算されます。正しく計算されている世帯との公平性が損なわれますので、申告してください。ただし、国保税の計算において、 18 歳以下の被保険者は申告不要です。

    社会保険に加入している擬制世帯主や国保から後期に移行した特定同一世帯所属者(詳細は、左上の関連ページ「国保の特例・軽減制度等について」を参照してください。)の所得は、所得割に影響しませんが、 軽減判定所得には含まれますので、未申告の場合には、軽減判定の審査対象外です。

 

その他

・納付書で納めている人は、是非口座振替をご利用ください。7月中旬までに依頼いただければ、第1期からの口座振替が可能です。

国保税の試算については、随時受け付けています。 年税額決定前に試算したい場合には、計算に必要な世帯員の所得を提示してください。前年度の所得で計算してもよい場合は不要です。

 ・失業された人や 29 年よりも 30 年の所得が大幅に下がった人など軽減や減免の制度を利用できる場合があります。減免の申請は、納期未到来の期別に限ります。

 ・ 納税相談は、随時受け付けています。 事前にご連絡いただけると助かります。

 ・その他、納付方法や宛名、国保税の計算などご不明な点は、税務課までお問い合わせください。

  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 税務課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2930

先頭へ戻る