ホーム > 組織から探す > 住民福祉課 > 住民生活班 > 戸籍 > 戸籍に関する証明書

戸籍に関する証明書

■戸籍
 国民の親族的身分関係を登録し、これを公証するためのものです。基本的には夫婦と未婚の子で一つの戸籍を編成します。

■改製原戸籍
 戸籍は法令の改正などにより様式や書き方が変更されることがあります。これを戸籍の「改製」といいます。改製原戸籍とは新しい戸籍の記載方法に変更するもととなった戸籍をさします。現在はコンピュータで戸籍を管理していますが、コンピュータ化前の紙の戸籍は「平成改製原戸籍」と呼ばれることもあります。
 改製されて新しくなった戸籍にはその時点で死亡や婚姻などにより既に除かれた人は記載されません。そのため、改製原戸籍はそのような人との関係を証明したいときなどに必要となります。

 ■除籍
 戸籍に在籍している人が婚姻や死亡などにより全員が除かれた場合や本籍を別の市町村に変更した場合など戸籍に記載されている全員が除かれた戸籍は「除籍」として保管されます。
 戸籍の中の一部の人が除かれているだけで一人でも在籍しているときは「除籍」ではなく「戸籍」となります。

■戸籍の附票
 戸籍に記載されている人の住所の履歴を証明するものです。編成される単位は戸籍と同じです。

■身分証明書
 破産宣告または破産手続開始決定の通知を受けていないこと、後見の登記の通知を受けていないことを証明するものです。

※その他の証明については戸籍担当へお問い合わせください。

  • お問い合わせ先
  • 野田村役場 住民福祉課

    〒028-8201

    岩手県九戸郡野田村大字野田第20地割14番地

    TEL:0194-78-2928

先頭へ戻る